「男女平等」をすすめる「男女共同参画社会」の実現をめざす活動


by kyodo-sankaku
  ★ 以下は、平成19年3月27日、学校における男女平等に関する教育
     の推進について(通知)が出されています。                     

                                               教 指 1533 号
                                             平成19年3月27日

  
各県立学校長

                         千葉県教育委員会教育長



       学校における男女平等に関する教育の推進について(通知)


   千葉県教育委員会は、これまで日本国憲法が定める男女平等、さらには男女共同
  参画社会基本法、千葉県男女共同参画計画の趣旨を踏まえ、学習指導要領に基づき、
  男女平等に関する教育を推進してまいりました。
   このたび、国や県は新たに男女共同参画計画を策定したところです。これに伴い、
  本県としても別添のとおり、学校における男女平等に関する教育について指針を示す
  こととします。
   なお、男女平等に関する教育の推進につきましては、今後、本通知のとおりとします。


  (別添)は以下の通り

       学校における男女平等に関する教育の推進について

              
                                           千葉県教育委員会


    男女が互いにその人権を尊重し、喜びも責任も分かち合い、それぞれの個性と能力
   を十分に発揮することのできる男女共同参画社会の実現は、極めて重要である。
    本県の男女共同参画(第2次)では、「学校における男女平等に関する教育・学習の
   促進」がうたわれており、学校教育においては児童・生徒の男女平等意識を育て、男女
   間の差別や不平等のない人権尊重に基づく学校運営の推進を図る必要がある。その
   ためには、次のような考えに立って男女平等に関する教育を推進していくことが大切で
   ある。

1  学習指導要領に基づき、発達段階に応じた男女平等に関する教育の推進に努める。

 (1)  教育課程への位置付けと指導計画の作成

男女平等に関する教育は、教科・道徳・特別活動・総合的な学習の時間などをはじ
め、教育活動全体を通して行うことが必要であり、そのためには教育課程への位置
付けとともに、指導計画の作成が大切である。

(2) 指導内容の見直しと学習活動の工夫

指導に当たっては小学校、中学校、高等学校、盲・聾・養護学校(平成19年4月から
特別支援学校)の各教科等の内容について、男女平等に関する教育推進の視点から
見直し、各教科のねらいを踏まえながら、発達段階にあわせた男女平等に関する教育
の内容を児童・生徒が理解し、実践が図れるよう学習内容や活動を工夫していくことが
大切である。

2 日々の学校生活における環境が男女平等となるよう配慮する。

教師と児童・生徒あるいは児童・生徒相互の温かい人間関係を基盤として、教育活動全
体を通して教育環境を整備し、男女が互いに尊重しあう関係づくりができるように配慮する。

3 教職員の研修体制の充実に努める。

 教職員は男女平等に関する教育について理解を深めるために、その指導方法や内容に
ついて研修をする必要があり、そのための体制作りが大切である。



なお、次の点について留意すること。

○ジェンダーフリーという用語については、平成17年3月28日付けの通知によるものとする。

○文部科学省の通知(平成18年7月11日付け教指576号)を踏まえ、男女同室宿泊、同室での
着替え、混合騎馬戦などは児童生徒に羞恥心やとまどいをかんじさせるおそれも大きく、心身の
発達段階を踏まえた適切な対応をするものとする。

○学校における名簿の取り扱いについては、基本的には各市町村教育委員会や校長が必要に応
じて適切に 判断するものとする。

                       

[PR]
# by kyodo-sankaku | 2010-07-07 22:18
 ★ 以下は、平成22年5月17日、千葉県教育委員会教育長が各県立学校長
    に出した通知です。

教 指 第 349 号         
                                    平成22年5月17日
 
      各県立学校長 様

                                千葉県教育委員会教育長


     学校における男女平等に関する教育の推進について(通知)

  このことについて、千葉県教育委員会では、平成19年3月27日付け教指1533号
  「学校における男女平等に関する教育の推進について(通知)」により、学習指導要
  領に基づき発達段階に応じた男女平等に関する教育の推進に努めること、誤解や
  混乱を招くおそれがあるジェンダーフリーという用語は使用しないこと等を既に通知
  しているところです。
   また、このたび新たに策定した千葉県総合計画において、男女平等教育の推進
  について取組の基本方向が示されました。
   このことを踏まえ、社会的性別の定義について誤った運用や解釈がされないよう、
  平成13年9月28日付け教指1164号「学校におけるジェンダーフリー教育の推進
  およびジェンダーに関する環境の見直しについて(通知)」は廃止することとします。
[PR]
# by kyodo-sankaku | 2010-07-07 21:48
  ★ 以下は、平成17年3月、 千葉県教育委員会教育長による、各県立学校長への

    「男女平等に関する教育について」の通知です。


                                        平成17年3月28日

    各県立学校長

                                    千葉県教育委員会教育長


                男女平等に関する教育について(通知)

      男女平等に関する教育については、「千葉県男女共同参画計画」等を踏まえ、
     学校指導要領に基づき、学校教育全体を通じて進めているところです。
      平成13年9月28日付け教指1164号の通知文で使用しました「ジェンダー
     フリー」という用語につきましては、さまざまな受けとり方があり、県議会等から
     も誤解や混乱を招くとの指摘を受けております。
      また、平成17年3月4日の参議院予算委員会において、「できるだけこのジェ
     ンダーフリーという言葉については、使わないことが望ましい」との大臣答弁もあ
     りました。
      ついては、本県における男女平等等に関する教育の推進にあたり、以下の点に
     ついて配慮するようお願いいます。



                          

                「ジェンダーフリー」の用語の取り扱い

       「ジェンダーフリー」という用語については、誤解や混乱が生じるおそれがあること
      を踏まえ、今後、「ジェンダーフリー」という用語は使用しないものとします。

[PR]
# by kyodo-sankaku | 2010-07-06 21:53
ジェンダーフリー教育撤廃 (千葉日報の見出しより)

「男女混合名簿」推進せず 千葉県教委通達

2010年06月16日 千葉日報より

 千葉県教育委員会が、ジェンダーフリー教育の推進を求めた
2001年9月の通知文(01年通知)を、「廃止扱い」とするよう県
立学校や市町村教委に対し、今年5月に通達していたことが15日
明らかになった。01年通知は、堂本暁子前知事時代に、「ジェンダー
(社会的性別)意識の払しょくと、ジェンダーフリーな学校生活の環境
整備。男女別名簿見直しと、男女混合名簿の積極的な導入」などを
掲げ、県内の公立学校に送付されていた。今回の通知で、一部の教
育現場で残るジェンダーフリー教育や意識の完全撤廃を目指す。

 県男女共同参画課によると、「ジェンダーフリー」とは、「ジェンダー
(社会的性別)に基づく男女間の不平等や抑圧をなくす概念」とも解
釈されるが、「男性、女性の区別をなくすという意味で解釈すると誤
解を招く恐れもある」という。

 01年通知の通達後、こうした懸念から県教委は05年3月、「誤解
や混乱を招く」としてジェンダーフリーという用語を使わないよう求め
る文書を教育現場に通達。

 さらに07年3月の通知文では「男女同室宿泊や同室での着替え、
混合騎馬戦などは児童生徒に羞恥(しゅうち)心やとまどいを感じさ
せる恐れも大きい」などとして、「心身の発達段階を踏まえた適切な
対応」を求めた。また名簿の取り扱いについては「市町村教委や校
長が必要に応じて適切に判断する」として、混合、男女別どちらの
名簿も導入できるとしていた。

 しかし、県教委指導課によると、その後も一部の教育現場では、
01年通知の効力が続いているという認識が残っていたという。
________________________________________

[PR]
# by kyodo-sankaku | 2010-07-04 21:21
         「千葉県総合計画」の経過報告

H22年2月定例県議会で「総合計画案」は、可決されました。その総合計画
となる「輝け!ちば元気プラン」は、以下のURLで、読んでください。

●「千葉県総合計画」 (「男女共同参画」に関する部分を抜粋)

第3章 Ⅱ 千葉の未来を担う子どもの育成
http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/b_soukei/seisaku/newplan/genkiplan/chapter3-2-2.pdf

2 笑顔輝く、未来支える人づくり
①社会の中で個性が輝く「人間力」の醸成
【取組の基本方向】
また、障害・性別・国籍など、どんな小さな差別も許さない教育を推進すると
ともに、男女平等教育に当たっては、社会的性別(ジェンダー)の定義の誤った
運用や解釈がされないよう配慮しつつ男女共同参画の理解の浸透を図りながら、
適切に推進します。(p.1/11 画像p.82)



      「千葉県教育振興基本計画」の経過報告 


平成21年度第17回千葉県教育委員会会議(定例会)
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/osirase/iinkaikaigi/h21-17hyousi.htm

第88号議案 千葉県教育振興基本計画の策定について[PDF版824KB]
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/houdou/100324_11.pdf

第3章-Ⅱ ちばのポテンシャル(潜在能力)を生かした教育立県の土台づくり
~元気プロジェクト~
4 道徳性を高める実践的人間教育を推進する-(2)自他ともに尊重し命を
大切にする心の教育の推進
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/houdou/100324_11.pdf

また、子どもたち自らがいじめをゼロにするために、「やめる勇気」、「とめる勇気」
「はなす勇気」、「みとめる勇気」を持つ注2という自主的な取組を促すとともに、
男女平等教育に当たっては、社会的性別(ジェンダー)の定義の誤った運用や解釈が
されないよう配慮しつつ男女共同参画の理解の浸透を図りながら、適切に推進します。
(p.57/97 画像P.52)


以下は、「千葉県教育振興基本計画素案」へのパブコメ結果

 意見提出数  364名    延べ意見数   840件
 電子メール(198名)  FAX(150名)  郵送(16名)

http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/keikaku2010/pubcom2.html

[PR]
# by kyodo-sankaku | 2010-04-18 21:32