「男女平等」をすすめる「男女共同参画社会」の実現をめざす活動


by kyodo-sankaku

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

千葉県教育振興基本計画にご意見を! 

今、森田健作千葉県知事のもと、「千葉県教育振興基本計画」に対する
パブリックコメントを募集しています。

しめきりは、3月9日(火)です。以下がURLです。    意見募集は 終了 しました。
http://www.pref.chiba.lg.jp:80/kyouiku/keikaku2010/pubcom.htm

特に、見ていただきたい所は、

「第3章 Ⅰ-2 歴史と伝統文化に親しみ、郷土と国を愛する心を育てる」
  → 「郷土や国を愛する気持ちを育てます」「自国の文化や歴史・伝統の素晴らしさ
    を理解することにより自信と誇りを持たせます」とある(P23)

< 問題点と思われる点 >

 自国の文化や歴史・伝統の素晴らしさのみを強調している。自国の歴史は
「素晴らしさ」だけでなく、「過去の負の部分」(加害の歴史や植民地支配の歴史など)
も教えていくのが、教育。
愛国心の強調しすぎは心配。「郷土を愛する」で十分ではないか。

 「Ⅱ-4 道徳性を高める実践的人間教育を推進する」について
 → 道徳は小さいころから身に付ける必要があることから、発達の段階に応じた道徳
    教育の在り方や適切な教材の作成に向けた取組を推進します。
  → 社会的性別(ジェンダー)の定義の誤った運用や解釈がされないよう配慮しつつ
    男女共同参画の理解の浸透を図りながら、適切に推進します。

 < 問題点と思われる点 >

  「道徳教育」ばかりが強調されている。道徳教育の教材づくりの言及もある。
  「人権教育」「平等教育」を前面にもってきた方がいい。
幼児期からの発達段階に応じた「平等教育」「人権教育」をすすめる、という記述を
  加えてほしい。
   
 「Ⅲ-1 「親学」の導入など、家庭教育を支援する」について
  → 「親学」の導入など民間団体のプログラムも含めた学習機会の提供について検討する
など家庭の教育力の向上を支援する取組を推進します。

 < 問題点と思われる点 >

 「親学」など民間プログラムの学習機会の提供を検討、とあるが、有識者会議
 の議長の「親学推進協議会」の親学のセミナーに県の予算をつけることには、
 反対します。利益誘導の危険性があります。男女の定型を強調していること、
 働く親や問題を抱えている子どもの母親にさらなるプレッシャーをかける危険
 性があります。他にもっと適切なプログラムがあると思います。
 
 
その他
 ・ 特に私立高校の授業料滞納者を退学防止のための施策をすすめてほしい。
 ・ ボランティア活動は、あくまで生徒の自発的な意志で行われるもの。それを押さえた
   上ですすめてほしい。

 

[PR]
by kyodo-sankaku | 2010-03-07 18:45