「男女平等」をすすめる「男女共同参画社会」の実現をめざす活動


by kyodo-sankaku

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

★ 千葉県の人権・男女平等教育に関する要望書

<この要望書の賛同個人・団体を募ります。しめきり 2010年1月10日
賛同のしかたは、一番下に記載あり。 >


県知事 森田健作様
教育長 鬼沢佳弘様

千葉県の人権・男女平等教育に関する要望書

私たちは行政主催の講座などをきっかけに、日本社会の中で重要な課題
となっている男女平等・男女共同参画を実現していくための地道な活動を
してきた団体・個人です。
 男女共同参画社会基本法が制定されても、まだまだ働く場での男女平等
が達成されているとはいえません。就職時や賃金や法律(結婚年齢、離婚
から再婚までの期間)にも男女差別があります。また、政策・方針決定の場
に女性が非常に少なく、国連のジェンダー開発指数は低いままとなっていま
す。
中でも人々の男女の固定的役割分担に関する意識は根強く、男女平等の実
現を阻害しています。
 日本の学校の名簿は、男女別・男が先・女が後という時代が長く、それが当
然のこととして受け止められてきましたが、世界女性会議などを通して世界の
学校の現状では、男女別名簿は非常に少数であること、義務教育と高校生活
12年間の中で、知らず知らずに男女に分ける考える方や、「男子が女子より先」
の意識を植え付けられてきた側面があることが指摘されるようになりました。
男女別名簿を支持する方々は「差別ではない、単に区別だ」と主張しています
が、子どもたちの身近なところから男女差別をなくしていくという混合名簿の真
の意義は社会でも広く支持されているところです。
 しかるに、12月県議会の一般質問で「男女混合名簿の使用をやめるように」
という質問が出され、教育長は、総合計画の中で検討すると答弁されました。し
かし、教育長自身がその答弁の中でおっしゃっているように、学校の名簿は男
女共同参画に意識が向くための一つのきっかけとして導入され、ようやく定着し
てきたところです。
 民間団体の調査に答え、先生方からも、「教育のあらゆる場面で、教師も子ど
もたちも保護者も、常に男女を分ける意識と習慣がすりこまれ、男子は~、女子
は…と注意したり、男女別に作業分担をしたり、男女に分けて考えがちな意識に
気づかされた」との声が寄せられています。
 社会の要請により、導入され、定着しはじめたばかりの男女混合名簿を、廃止
することがないように強く要望いたします。
                               男女共同参画をすすめる会

  賛同者・団体
  * 賛同のしかた
    「要望書への賛同」と書いて、下の 「コメントcomments 」からお願いします。
    「非公開」にチェックを入れれば、ソトからは見れません。
    以下の必要事項も書いてください。         
          賛同個人の場合 お名前 あれば、所属
          賛同団体の場合 団体名 代表名 

[PR]
by kyodo-sankaku | 2009-12-26 19:46
 ●  緊急のお願い ● 


★ 2009年12月、千葉県議会で自民党議員から「男女混合名簿の廃止」を訴える
   発言があり、これに対し、教育長が「千葉県総合計画案 」で検討する、と答弁し
   ました。

  以下のURLで、県議会の中継が見られます。後半部です。

http://www.chiba-pref.stream.jfit.co.jp/data/asx/chiba-pref_20091207_0020_takita-toshiyuki.asx

★ 今後の可能性として、以下が考えられます。

① 来年、2010年2月、議会に提出される「総合計画案」の中に「男女混合名簿の見直し、

   あるいは廃止」の項目が入る可能性がある。

② 森田知事が「男女混合名簿の廃止」の通知を出す可能性もないとはいえない。

そこで、早急にお願いがあります。

1、 現在、県の総合計画原案に対する意見募集が行われています。こちらに
意見を提出してください。締め切りは、12月28日です。以下のHPをご覧ください。

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/b_soukei/seisaku/newplan/pubcom.html

            < 上記、県への意見は 終了しました > 

2、 森田知事と千葉県教育長(教育庁指導課)宛に、

・ 「男女混合名簿の推進は、全国的な取り組みであり、すすめていくことが重要である」
・ 「国がすすめている男女共同参画社会実現のためには、男女混合名簿の推進は不
  可欠である」
・ 「男女平等教育に男女混合名簿の推進は欠かせません」というような趣旨のメールや
    FAXを団体でも個人でも送って下さい。

   県内、県外どなたでも歓迎です。短いもので、結構です。

   こちらの締め切りは、2010年1月10日までにします。


  <「男女混合名簿に関する意見」の送り先>

   知事室 FAX 043-227-1061

   教育庁 教育振興部 指導課 教育長宛 FAX 043-221-6580

   メールの場合、「教育についてのご意見募集」のページから

   名前、住所、メールアドレス、電話番号など明記し、意見を800字以内で、以下の

   URLから、送れます。以下で、うまく出なければ「千葉県庁」で検索してください。

    https://www.kouhou-chibaken.jp/kyouiku/iken_kyouiku.html


                上記は、終了しました。

 
[PR]
by kyodo-sankaku | 2009-12-26 18:24
★ 「男女混合名簿」の導入のこれまでの経緯

 「男女混合名簿」の導入の動きは、国の「男女共同参画社会基本法」の施行、普及
 にともない、学校環境の「男女平等」への道筋の一つとして、各地で、全国的な
 取り組みとして、普及しはじめた。
 千葉県での行政としての取り組みは、以下の通りである。 

 1 H13.9.23 「学校におけるジェンダーフリー教育の推進及びジェンダーに関わる
   環境の見直しについて 」(千葉県教育委員会)

  ① 積極的にジェンダーフリー教育を推進する。
      ・ 教科、特別活動、総合的な学習の時間をはじめ、教育活動全体の中で積
        極的に推進すること。
  ② 学校生活をジェンダーフリーな環境に整える。
      ・ 特に出席簿等の男女別名簿を見直し、男女混合名簿の積極的な導入を図
        ること。
  ③ ジェンダーフリーに関する研修を実施し、教職員、生徒等の意識の改革を図る
     こと

 2 H17.3.28  「男女平等に関する教育について」 通知

   「ジェンダーフリーという用語は、誤解や混乱が生じるので、今後、県内の公立
   学校では使用しない」

 3 H19.3.27

  「男女同室宿泊、同室での着替え、混合騎馬戦は児童に羞恥心や戸惑いを感じさせ
  る恐れがあるので、心身の発達をふまえ、適切な対応をする」 

 4 H13.9月の通知を撤回、廃止せよ。(2009.12月県議会でのT県議の発言)
    

 5 「男女混合名簿」の見直しをこれまでの経緯をふまえ、「総合計画案」の中で
   検討する。(教育長) 

  以下で、12月県議会の中継が見られます。発言は後半部です。

   http://www.chiba-pref.stream.jfit.co.jp/data/asx/chiba-   pref_20091207_0020_takita-toshiyuki.asx

  ◎ 現在は、「混合名簿の導入に関しては、各学校長の判断にまかされている」

  ◎ 「ジェンダーフリー」という用語については、「デイリー新語辞典」(三省堂)に
     よると「従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女が平等に、
     自らの能力を生かして自由に行動・生活できること」とある。
   
★ 男女混合名簿の現在の普及度
  
  H19.6調査 小学校 56%、中学校 58、3%、高校 92、4%
  それ以後は、上記の通知により、調査は行われていない。
[PR]
by kyodo-sankaku | 2009-12-26 18:08