「男女平等」をすすめる「男女共同参画社会」の実現をめざす活動


by kyodo-sankaku

第三次 男女共同参画計画に向けての意見書

千葉県知事 森田 健作 様                2010年10月22日
                            
 

        第三次 千葉県男女共同参画計画に向けての意見書
                              


                          千葉県の男女平等をすすめる会
                          

 千葉県は、第三次男女共同参画計画の策定に向けて、骨子を発表しました。しかし、その
内容は、第一次、第二次の計画がともに掲げてきた「男女平等」「すべての人の人権」「平
等な社会の実現」の文言や理念が受け継がれず、削除されています。
国の「男女共同参画社会基本法」、国が批准した「女性差別撤廃条約」に則した県の「第三
次男女共同参画計画」の策定に向け、以下、要望します。


Ⅰ 修正された【目標】「男女がともに認め合い、支えあい、元気な千葉の実現を目指し
ます」は、第二次に掲げた「人として尊重」「それぞれの個性を認め合える社会」「平等な
社会の実現」という3つの重要な文言が削除されたものです。男女平等は前提の上とはいえ、
現実の女性差別の実態が多々ある中でのこの3つの文言の削除は、妥当とは思えません。
復活を望みます。


Ⅱ 『基本目標』から「Ⅱ みんなが政策・方針決定の場に参画できる機会を持てる社会
を目指す」が「基本的な課題」に格下げされたのは、適切な変更とは思えません。まさに今、
「女性差別撤廃委員会」が政府に求めている「フォローアップ」や最終見解42にも入って
います。それを格下げすることは、千葉県の後退姿勢を示すことになります。
元に戻すことを要望します。


Ⅲ 修正された『基本的な課題』の「男女共同参画への意識づくり」は、第二次の「3男
女平等の視点に立った意識改革と制度・慣行の見直しのさらなる促進」が削除されたもので
す。第二次のこの文言は、国の「男女共同参画社会基本法」の第一章、第四条(社会におけ
る制度又は慣行についての配慮)にあたるものであり、削除は適切とは思えません。
復活して下さい。

Ⅳ 修正された『基本的な課題』の「2 男女共同参画の視点に立った教育・学習の充実」
は、「教育の場における男女平等に関する教育・学習の促進」が削除されたものです。
いまだに教育の現場での男女平等教育が実現されているとは思えません。
 例えば、理工系を希望する女性の率が、国際的な順位から見ても低いのは、日本の女性
の理工系の能力のなさではなく、教育の場における積極的な指導などが不十分なためです。
「男女平等教育」の文言の復活を望みます。


Ⅴ 修正された『基本的課題』の「労働の場における男女共同参画の促進」は「労働の場に
おける男女平等の促進」が削除されたものです。労働の場においては、賃金、昇進、雇用形
態などの女性差別の問題が山積しています。「男女平等」が必要不可欠です。


Ⅵ 『基本的な課題』の修正された「3 異性に対する」は適切ではありません。「女性に
対する暴力の根絶と人権の尊重」を提案します。


Ⅶ  第二次計画にあった『計画の促進』の1~4との各機関などとの連携は、重要です。
特に「計画評価専門部会」は、第三者による評価機関であり、存続を希望します。


Ⅷ  修正された「施策の方向」の中の②「子育て・介護への支援」は第二次にあった「社
会全体での」という文言が削除されました。今、孤立した子育ての中での児童虐待などが問
題となっています。それには「社会的な支え」が必要です。「社会全体での」の復活を望み
ます。

Ⅸ 修正された『基本的な課題』の「男女がともにいたわり合い、健やかに暮らせる社会づ
くり」の「男女」は「誰もが」あるいは「みんなが」という表現が適当と考えます。 


  国の「男女共同参画社会基本法」は、前文にもあるように「男女平等の実現に向けた様々
な取組が国際社会における取組とも連動しつつ、着実に進められてきたが、なお一層の努力が
必要とされている」とされ、「男女平等」の促進がなお一層必要だと書かれています。
「女性差別撤廃委員会」は、日本の国内法に「女性差別」の定義のないことを指摘しています。
また2010年「世界経済フォーラム」は、日本の「男女平等度」を先進国の中で、最低水準で、
94位。いまだに昨年(101位)と同様、低迷を続けています。
     
  千葉県が、この日本の女性の地位の現状や「男女共同参画社会基本法」「女性差別撤廃条
約」がめざす「男女平等」の理念を理解し、計画に反映することを強く望みます。
                
                            

[PR]
by kyodo-sankaku | 2010-12-17 19:50