「男女平等」をすすめる「男女共同参画社会」の実現をめざす活動


by kyodo-sankaku

「千葉日報」に関する男女平等教育に関する要望書

★ 以下は、2010年6月16日の「千葉日報」の記事「ジェンダーフリー教育撤廃」
   に関する記事を発端に、千葉県教育長と県教育委員会にあて、有志で出すこ
   とになった「要望書」です。
   賛同する方は、コメント欄にどうぞ。しめきりは、10日くらいまで。



千葉県教育長 鬼澤佳弘様
千葉県教育委員会 各位

千葉日報記事による誤解を防ぎ、男女平等教育の更なる推進を求める通知を出す
よう要望します。

 日ごろから千葉県の教育行政に力を尽くされ、大変感謝申し上げる次第です。
 さて、6月16日付千葉日報の一面に、県教委通達として「ジェンダーフリー教
育撤廃」という大見出しの記事が掲載され、県内に大きな波紋を呼んでいます。
副見出しには「男女混合名簿、推進せず」とあり、千葉県は男女混合名簿を今
後は廃止していくのだという誤った理解が広がりつつあります。
 私どもは、6月17日に県教育委員会、21日には総合企画部男女共同参画課
および県教育委員会と、二度の会合を持ち、この記事に関して話し合いをさせて
いただきました。その結果、次のことが明らかになりました。

*県教委の姿勢は、従来同様、男女平等教育を推進するものである。
*記事の元となった県教育委員会委員長名の2010年5月17日付通知は、「ジェ
ンダーフリー」という用語は使用しないこと、また、ジェンダーの定義について誤った
運用や解釈がされないよう広報啓発に努めることを通知したものであり、決して男
女の固定的な性別役割分担を認めたものではない。
*男女混合名簿の導入が、男女平等の意識を高めるきっかけになったことは確か
である。
 以上を踏まえ、千葉日報の記事による誤解を解くため、改めて以下の内容を、各
県立学校、および各市町村教育委員会教育長あて通知していただきたく要望いた
します。

1 ジェンダーフリー教育の撤廃とは、「ジェンダーフリー」という用語を撤廃すること
であり、男女の性差による差別を認めるものでは決してない。従来どおり、男女の固
定的な性別役割分担をなくし、ひとりひとりの個性と能力を尊重する男女平等教育を
推進していく。
2. 男女混合名簿は男女平等の意識づくりに役に立ってきた実績を踏まえ、各学校
の判断で採用していくこととしており、男女混合名簿を中止せよという通達ではない。

 今回の千葉日報の記事の影響は予想以上に大きく、男女平等教育、および男女混
合名簿に対する誤った見解が県内に広がる恐れがあります。すでに、ある市議会で
はこの記事を片手に、混合名簿を止めるよう求める質問がなされています。こうした誤
解が今後さらに拡大することを防ぐためにも、また、千葉県の教育が、政府で策定中
の「第3次男女共同参画基本計画」の内容から大きく逸脱し、社会の男女平等意識の
高まりから取り残されていくことを防ぐためにも、ぜひとも上記の通知を早急に出して
いただきたく、強く要望いたします。

[PR]
by kyodo-sankaku | 2010-07-07 22:55